ミルクタイプのクレンジングに向いているメイクとは

クレンジング剤はメイク落としに使うものですが、見た目は色々で、オイルやリキッド、ミルクなどがあります。どのクレンジングがいいか、特性を踏まえて選ぶといいでしょう。皮膚を痛めずに、メイク汚れだけをきれいに落とすためには、肌のコンディションや、メイクの状態をまず確認することです。お肌を痛めずに洗顔をしたい人には、ミルククレンジングが適しています。ミルクタイプのクレンジングはオイルタイプやリキッドタイプに比べると、油分や界面活性剤などの量が少なめになっています。濃いメイクを落としたい時には洗浄力がマイルドなミルクタイプは向きませんが、皮膚を刺激せずに、優しい力で洗ってくれるクレンジング剤です。ミルククレンジングは、薄めのメイクで済ませているような人が、メイク汚れを落としたい時にちょうどいいものです。お肌に負担が少ないクレンジング剤ですので、肌が刺激を受けると荒れやすいという人に向いています。しっかり目のメイクをしている人は、ミルククレンジングでは洗い落としきれない可能性があるので、オイルクレンジングのほうが適しています。日頃のメイクは、アイメイクやリップメイクは落ちにくいメイク用品を使い、ベースメイクは軽めに済ませているような人もいます。そういった時には、アイメイクやリップメイクは専用のリムーバーを利用すると、落ちにくいアイメイクやリップメイクが落としやすくなります。濃くメイクをした場所には洗浄力の強いクレンジングを使い、メイクが濃くないところには洗浄力が強すぎないクレンジングを使うのは、肌への負担を最小源に抑える効果的な方法です。

クレンジングのあとの保湿ケアならフェイスオイルがおすすめです。フェイスオイルに興味のある方はこちらへどうぞ。フェイスオイルについて詳しく紹介しています。