思春期ニキビと大人ニキビの違い

二十歳を過ぎたら吹き出物、という言葉がありますが、大人になってからのニキビと10代の思春期にできるニキビは全く違うものと言えます。

思春期ニキビは成長期にともなう皮脂の過剰な分泌によってできるものです。

そのため、顔全体にできるのが特徴で、特に皮脂分泌が多いTゾーン(額や鼻)に集中します。

思春期ニキビのケアは、洗顔をしっかりして余分な皮脂を取り除くことが大切になってきます。

とはいえ、思春期を過ぎると自然に消えていく場合が多いので、肌を清潔に保っておけば心配する必要はないと言えます。

一方の大人ニキビは、古い角質が肌に蓄積し、毛穴をふさいでしまうことによって発生します。

古い角質がうまく剥がれないのは、肌のターンオーバーの乱れから起こるものです。

その原因は、ストレスや睡眠不足、不規則な生活、生理不順など、様々な要因が絡み合っています。

大人ニキビは頬やあごなどのUゾーンにできることが多く、同じところに繰り返しできやすいのが特徴です。

大人ニキビの予防には、丁寧な洗顔と、洗顔後の潤い補給が大切になってきますが、生活のリズムを見直すことも重要なポイントです。

洗顔を行うことは大切ですが、その後の化粧品を使ったケアも大事です。

その化粧品で何か良いものを探しているのでしたら、バジーフロンゲルクリームは結構いい感じです!

良いものに出会いたいというのでしたら、試してみてくださいね。

きっと満足してくれると思います(^^)